読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジっ!シルヴィア・クリステルの感想とレビューならココッ | エマニエル

意味不明です。甘美でもあり退廃とも言えよう性愛の思想と表現。今見ても色褪せない甘い官能が誘惑させますね。

3月8日 オススメ商品♪

2017年03月08日 ランキング上位商品↑

エマニエル シルヴィア・クリステルエマニエル夫人 [ シルヴィア・クリステル ]

詳しくはこちら b y 楽 天

注文番号:何年前かのヒット話題作。当時一世を風靡したシルビア・クリステルさんは2012年に60歳で鬼籍に入りました。しかし彼女はこの映画の中で21歳か22歳頃の永遠の美貌を放っています。。1974年の映画で、当時の私は未成年。1970年代中葉まではフランス映画が大流行の時代だったと思うのだけれど!フランス映画ってこんなにもエロエロだったっけ?米国流にすっかり毒された現代日本の無節操な貞操観念と価値観から見ても!この映画の中で表現されているエマニエルと彼女の夫ジャン!そして彼らを取り巻く人々の淫愛的思考と行為は!私には行き過ぎており理解を超えています。甘い誘惑と性に対しての勉強になる映画です。何とも官能的な映画でした。映画の中では!まるで愛を形而上学的に語り!それでいて実際には肉欲的な行動に導き出て実証の中から真実の欲愛とは何かを体現させようとする!何ともはや乱れきった愛という言葉の観念世界!今見ても判り難い内容なのに!当時の未成年の私が見たところでチンプンカンプンだったことでしょう。噂では耳にしていたけれどついに観ることなく41年の歳月が流れ、今DVDで初めて当時の話題の映画を観ました。男女の愛とは、夫婦の愛とは、肉体の愛とは、一体何ぞや?性の深淵とは何ぞや?フランス語で語られるそれらの疑問と、その答えとして現実に行なわれる(ないしは起こる)破廉恥な性行為。男も女も誰もが一度は見ている映画です。単なるエロ映画、ポルノ映画として何も考えずに観るのなら、それはそれで単純に面白いです。